マッスルメモリーとは

トレーニングを中断すると、筋肉の減少よりも早くに筋力の減少が起こります。

筋肉の減少は2〜3ヶ月ほどから目に見えてきますが、筋力はおおよそ2週間程度で減少すると言われています。

しかし、トレーニングに復帰すると、比較的すぐに失われた筋力を取り戻すことができると言われています。

これはマッスルメモリーと呼ばれる現象のおかげで、普段から筋肉に十分な負荷をかけることで神経生理学的な反応が生み出され、筋の記憶として保持されるというものです。

この記憶によって、トレーニングを中断したとしても、復帰したときにまた十分な負荷をかけることで記憶が蘇り、筋細胞に新たな核が生み出され、短期間で回復させることができると言われています。

現在はなかなか十分と言えるほどの負荷をかけられないかもしれませんが、普段からしっかりトレーニングしていた方はマッスルメモリーに助けられるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる