トレーニング前の栄養摂取について

一般的にトレーニング前には何かしらの栄養を摂っておくことはマストとなります。

でなければ、トレーニングレベルが下がり、さらに筋タンパクの分解も促進されてしまいます。

しかし、トレーニング後に正確に管理された栄養摂取を行う場合には食前にトレーニングするほうが良いかもしれません。

というのも、トレーニング前に何も食べなくても、その後1時間ごとに糖質(50g/L)、タンパク質(33g/L)、ロイシン(16.6g/L)が含まれる液体(1kgあたり6mg)を摂取することで、何も食べない場合に比べて筋の成長を促す物質の濃度が2倍に高まることが研究で分かったのです。

これらの結果により何も食べないというアクションによってトレーニング後の吸収と反応を高めたのではないかと推測されます。

とはいえ、この液体の量はコントロールされており、そのとおりに再現できるかどうかは少し難しいかもしれません。

自分なりの配合量で試してみるのも良いですし、通例どおり食事を摂ってからトレーニングするのも良いでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる