ゴルフによくある怪我


ゴルフは、他のスポーツと比べ、激しいダッシュや、身体の接触など、カラダへの負荷が大きくかかるような動作がなく、老若男女が無理なく楽しめる安全なスポーツというイメージがあります。

実際、その通りなのですが、ゴルフもスポーツですので、やはりカラダを動かす以上、ケガのリスクはゼロではありません。

<手のひら・指のマメ>


これは、ゴルフをされる方ならみなさん経験したことがあるのではないでしょうか。

初心者ほどグリップをきつく握りしめたり、逆にゆるかったりして、マメができやすい傾向にあります。

深刻なケガではありませんが、痛みでパフォーマンスが下がります。

<腰痛・背骨痛・首痛>


ゴルフは前傾姿勢が多く、また、頭部を固定してカラダを回転させるスポーツのため、首から腰にかけて大きな負担がかかりやすいです。

ですので、動きの要となる腰の痛み、そして背骨(背筋)痛や首(頚椎)まわりの痛みがよく見られます。

ひどくなると、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア(腰・背中・首のどの部分でも)を引き起こしてしまいます。

<手首・肘痛>


ショットの衝撃は、ダイレクトに手首に伝わります。

さらに、クラブを強く握りすぎてダフってしまったりすると、手首を傷めてしまうことがあります。

プロでも手首を痛めている人は少なくありません。

また肘の内側には指や手関節を曲げる筋肉がついており、それらの筋肉が炎症を起こすことで、

いわゆる「ゴルフエルボー」になるケースも多くみられます。

<肩痛>


ゴルフスイングは肩関節も大きく動かしますので、その分、肩への負担も大きいです。

いわゆる四十肩・五十肩と呼ばれるように、肩関節の痛みは年齢が高くなるほど、リスクも高くなります。

関連記事

  1. 遠心力

  2. ゴルフによくある怪我Ⅱ

  3. メンタルトレーニング

  4. 肘部管症候群とは|フィジオ福岡コンディショニング

  5. 地面反力で打つとは

  6. ゴルフとイースト効果

閉じる