骨粗鬆症

骨の強度が低下し、骨折の危険が大幅に高まる疾患です。原因により、原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症に大きく分類されます。

原発性骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症では、加齢、閉経、乱れた生活習慣などが関係します。続発性骨粗鬆症では、甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、性腺機能不全、クッシング症候群など、特定の疾患が原因となります。原発性骨粗鬆症は、骨代謝のバランスが崩れ、骨吸収が骨形成を上回ることで骨量が低下し、骨組織構造が劣化していきます。
また、加齢とともに有病率は上昇し、女性は男性の3倍発症しやすく、とくに女性は60歳を越えて大幅に増加する傾向にあります。

食事療法・運動療法・薬物療法

症状として初期には、はっきりとした自覚症状はないですが、進行して骨量が低下するに従い、転倒など軽微な力でも骨折しやすくなります。骨折しやすい部位は、大腿骨近位部、脊椎、橈骨遠位端、上腕骨頚部、下腿骨(近位部)、骨盤、肋骨などです。椎体の圧迫骨折も起きやすくなり、圧迫骨折による急性・慢性の腰背部痛、脊柱の後湾変形、運動障害などがみられます。
治療としましては、通常食事療法と運動療法に薬物療法を加えた治療を行い、食事ではカルシウムの摂取、吸収率アップによる骨量減少抑制、運動療法では、適度な骨への負荷により骨量を保ち、骨折を予防します。日光浴と合わせビタミンD体内産生促進し、薬物療法は骨形成を促進、骨吸収を抑制して骨量の減少を抑えます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる